ブルカを着たひと

マリコさんのエッセイをもっと読みたくなり、書店で探した。
ないねえ、『美女入門』。

駅前に最近できたOzekiでちょっとおしゃれな野菜たちを買う。
World Cup Rugbyの試合のほうは前半で6-12だ。思ったほど大差がついていない。

バス停に急ぐ。黒いブルカを着た女性が列に並んでいる。ベビーカーには赤ちゃん、就学前と思しき男の子をふたり連れている。少し離れたところに旦那さんが自転車に跨っている。

バスがやってくると、奥さん子どもたちが乗るのを見届けた旦那さん、自転車で先に出発していく。

ベビーカーにはいくつもの買い物袋がかかっている。ブルカ姿の女性はわたしの傍に座った。

本当に目元が少し開いているだけなんだ、ブルカって。
近くで見るのは初めて。あんまりジロジロ見るのも失礼なのでチラ見。

秋風が吹き、比較的涼しい日だったけど。
真夏にあの装いは・・・余計なお世話か。

さて母子はインド料理レストランの前で下りて行った。
子どもたちはパパ、パパと呼んでいる。
パパはまだ到着していないようだ。

ところが次のバス停に、なんとパパがいた!
下りるバス停を間違っていたようだ。
パパはちょっと慌てている。

引き返すよね? 心配だわ。

3年たちましたね

一日一食を始めて早3年になりました。

たまに二食の日もありますが。基本的に一食生活です。

先日、南国娘に一食生活の話をしたら、「やってみたい」そうです。

上半身はスリムなのに、おなか周りにお肉がつき、ダイエットしたいのだとか。

多少運動したところでスリムになかなかなれませんよね。家人は休みの日にはジム通い頑張ってますけど。あまり効果なし。

やっぱり食事です。

一日一食生活に慣れると、「なんでこれまで三食だったんだろう」「多すぎる」「食べても二食でじゅうぶん」って思います、というか思うようになっちゃいますね。

週の始め、四万温泉に泊りましたが。さすがに朝食はパスできず、頂くことになりました。お宿の朝食は品数多し。でもご飯は一膳に留めましたよ。ご飯の友、おかずが多めなので、家人のようにおかわりしてしまいがちですが。

ごはん食べすぎは控えています。その気やる気があればできます。

『美を尽くして天命を待つ』読了しました。
ダイエットがうまくいかないと買い物浪費に走る・・・マリコさんの暴走が目に浮かびまする。

読書の秋

目が悪くなってから、好きな本も読めず。

最近は新聞の書評を楽しく読んでいます♪

用事のついでに書店に立ち寄り、買いましたよ。

あんまり読まない林真理子本だけど、『美を尽くして天命を待つ』買っちゃいました!

読み始めたばかりなんですけど・・・マリコさん、食べるのを控えればダイエット成功しますよ!

これはもう世界共通。間食控えましょう!

美味しいものを控えるのが、アートだと自覚出来れば・・・
難しいかもしれませんけどね。

仏壇を買いに行くひと

「これから仏壇買いに行きます」

友人からメール来る。

別に報告?しなくてもよい内容だけど。

だれかに吐き出さずにいられないのかもしれない。

亡くなったひとをあまり好きじゃなかったんだろう。

気持ちはわかる。

だからそのまま受け止めよう。

ちなみにウチの場合、双方の実家には立派な仏壇がすでにある。
おまけに広い仏間も。

そちらの心配はしなくて良さそうだ。

日本人は仏壇にこだわる。
最近は樹木葬とか聞くようになったが、まだまだお墓にもこだわる。

仏壇があって、お墓があって。
さらにお墓参りにもこだわる。

「お墓のない人生は、はかない人生ですな」

お墓関連のCMのキャッチコピーだったような。
だけどこういうものにこだわるのは生きてる人間だ。

立派なお墓に立派な仏壇。
お墓参りも欠かさないわたしは立派。
だから成仏できる。自信満々である。

さて仏壇を買いに行った友人は・・・

また報告メールしてくるかな。

週末です

去年のこの時期、一週間ほど歩けなかったのですが。(原因は変形性関節炎)
極力歩くようにした結果、サポーターしなくてもなんとかOKになりました。

ただ膝に負担をかけないよう注意していますが。たとえば正座は控えるとか。

長年正座にはちょっとだけ自信があったのですけど。もう無理です。

さて今日は久しぶりにボランティアへ。(千葉まで行くほど体力がない)
駅前エリアを数人とお掃除です。

ラッシュアワーにかからないよう、早朝5時集合。自宅から歩きで40分ほどかかるため、4時前に起床。

帰宅して、午前中は眠くなることなく過ぎていきました。

いつもならランチを食べないので眠くならないはず・・・だったけれど。

昨日のシチューがかなり残っていたため、頂くことにしました。

そして強烈な眠気が。

眠気に負けたわたし。

傍らでWorld Cup Rugbyを観戦している家人。

昨日から始まったビッグイベントだけど、野球やサッカーほど人気がないのが悔しいなぁと思いつつ熟睡していきました。

今日から4連休の家人です。ゴルフやらラグビーやらスポーツ番組を寝転んでみながら過ごすのでしょう。ジムに行ってるけどおなかはなかなか凹みません。

だらだら過ごすいつもの週末。でも今日のわたしのトータル歩数、11635歩でした!わたしにしてはかなりの歩数。平日はこの半分以下ですからね。

わたしもジムに行ってプールで泳ごうか。数年前に買った水着、どこにしまったかなぁ。

だらだら日記でした。

Our age

友人のお姑さんが亡くなられたという。

連れ合いの方にはきょうだいはおらず、また近親者も少ないため、少人数の家族葬だそうだ。

4年前、義母を見送ったときはまぁ大変で。「田舎の旧家って・・・」「身内を失った事より世間体が重いんだな」と痛感したものだが。

友人の場合はアレコレ難癖をつけるひともいないらしいから。「わからないことだらけ」とは言え、シンプルにしようと思えばいくらでもできる。

それでも・・・「お義母さんを見送ったときはどうだった?」って訊かれたけど。

とにかく極力エネルギー消耗しないよう、からだに気を付けてとだけメッセージ。

家庭料理

昭和、平成のオトコの中にはこだわる人がけっこう多い?

家庭料理にへのこだわり

家人も多少、このようなところがあります。
理由1=お義母さんの味で育っている。理由2=手をかけた料理が家庭料理だと思っている。

品数だけそろえても、煮物がひとつもなかったりすると、「今日の料理は手抜きだね」と言い放ちます。

「主婦なんだから、(手をかけた)料理を出すのが当たり前だろう」と思い込んでいる気がします。

「手抜きだね」と言われると、翌日は頑張ってつくってしまう。わたしもわたしですが。

まぁ家人の場合は、「美味しかった」とちゃんと言葉を添えてくれるし。「今日は何をつくってくれるのかな?」と、本当にわたしの料理を楽しみにしてくれているので。

たまに失敗しても、頑張ろうという気になりますが。

「手をかけた家庭料理を出すのは主婦の務め」「当然だ」という考えのひともいるでしょう。(特に昭和一桁生まれとか)

帰省のたびに山のような料理を毎日つくっていたお義母さん。
「我が家は食べるのが趣味だから」

でも・・・思い返してみると、「手をかけた料理を出し続けないとブーイングが来る」という想いが常にあったのではと。

「つくりたてじゃないと×」なんてブツブツ言ってる平成(昭和)のオトコたちよ。
家庭料理に満点を求めるな!と言いたいですね。

Test your courage

ようやく涼しくなってきました。

日曜7時の対談番組を見ていたら、「熊の着ぐるみ姿で待ち伏せ中、なんだか寂しくなってきて」と三谷幸喜が話していた。

肝試しのオドカシ役の心境だな。

高校時代、大台ケ原でHR合宿というものをやりました。
夕食後、肝試しをやることに。男女ペアで暗い夜道を歩くのです。(なんかこっちのほうが危なそう)

ところどころにオドカシ役の男子が待ち伏せているわけですが。

だいたい女子は落ち着いています。
先方ペアの叫び声が時々響いてくるのですが、男子の絶叫ばかり・・・

わたしの相方もなんだか震えていて頼りない。「こ、こわくない?」って訊いてくる。

大台ケ原は遭難者もけっこう出ている。心霊スポットともいえる場所です。
オドカシ役もさぞ怖かったでしょう。

三谷幸喜の熊の着ぐるみバナシでふと、そんなエピソードを思い出しました。

4年たちました

今日は義母の命日です。

4年前の秋に旅立った義母。

亡くなる数週間前に見舞ったときは、ふだんなら日中は眠っているのに、パチッと目を覚ましてくれた。わたしたちの手を握り、大粒の涙を流した義母。

「また来るからね」と言いました。
でもそれが最後になってしまいました。

暑い夏をなんとか乗り切り、涼しい秋が来たらまた会えると思っていたのに。

子どものことではいろいろ言われもしましたが、「ふたり仲良く暮らしてくれればいい」と言ってくれました。

あの年代の人はまぁ、めったにこういう変化を見せてくれることは、少ないです。

義母は女の子のことを「おなごのこ」と言っておりました。

結婚前、初めて顔を合わせた時、「うちはおとこのこふたりで、おなごのこがいないから」とおっしゃり、「お嫁さん=うちのおなごのこ」って思ってくれているのかしらと。

それとも、「おなごのこ」の孫がもうひとり欲しかったのかな?

子どもがいないことで「申し訳ない」とか思ったことは・・・ありませんが。(生意気? キツイ?)

あれから4年の月日がたちました。
お墓参りには諸事情で行けませんけど、心は運んでいますよ。

ハイスペックなのね

コウさんが簡潔に表現してくださってました!

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/67071

そうだよね~ 昨日は魚だったから今日は肉、シチューは一昨日つくったから、しばらくはだせないなぁ。昨日は中華だったから今日は和風、和風が続くとたまには洋風にしてみよう。

「ほかの国のひとたちは和・洋・中なんてつくってないんだろうなぁ」となんとなく思っていたけれど。

そうか、わたしってハイスペックなんだ!

今度アピールしてみようか。ハイスペックが当然と思い込んでる?ひとたちに。