台風一過

朝焼けがとても美しかった。

でもすっきり青空と言うわけではなく、お洗濯物もあまり乾かない。明日はどうかな。

お天気ニュースによるとまた台風が来る様子。

今月末は近所でハロウィンイベントがあるけど。台風とぶつからないように祈る。別に自分が参加するわけではないが・・・

ハロウィンが終われば、次はクリスマス商戦か。日が経つのがなんと早いこと!

広告

人生最高の日々

今日は台風が通り過ぎて、雲の合間に青空が見えた日。でも風がまだまだ強かった日だったんですが・・・

お久しぶりの出会い、そして会いたい会いたいと思っていた方々との初対面の日と重なりました!

嬉しくて嬉しくてハイタッチ。しっかり握手ですよ~ 会話だって次々と途切れなくスムーズに流れていくんですもの。ご縁があったのかなって思います。

つながりは・・・フランス関連。挫折しないでつづけていて良かった!

これからもつづけていこうっていう励みになります。

また会う機会があればご一緒しましょう♪ 年を重ねるにつれて、何より幸せを感じるのは、こうした出会いに恵まれることですね。

実家帰省免除制度

こういう記事を目にすると、「実家帰省免除制度」とかもあると、さらにストレス軽減されるだろうにと思ふ。

わたし、不妊治療やめるまでず~~~っと家人の実家帰省していた。GW、お盆、年末年始。パスしたことはないと思ふ。家人は親のために良かれと帰省していたのだろう。帰省前には、「今度の休みは帰ってくるんだろうね」と念押しの電話も来た。帰省しないわけにはいかなかった。

「不妊治療中だ」と家人は自分のことを親に話していた。(話してくれていた) でもわたしは・・・言わなかった。(言えなかった) そんなことを言えば、プレッシャーがさらにかかる。(自分の身は自分で守るのだ) プレッシャーは自分の親からだけでじゅうぶん。

仕事を持っているひとたちにも、こういう制度がさらに加われば良いのにと思ふ。

アレコレ言われようが、叩かれようが、ストレス&プレッシャー加えられる身はできるだけ守らなければ。

人生最高の思い出

心に残っている思い出・・・

お子さんのいる人なら、「わたしの子どもの生まれた日」なんだろうな。

わたしはなんだろう。

強烈に残っているのは、父が亡くなったこと。そして阪神大震災で被災したことなのだよね。

もっとハッピーな思い出ってなんだろう。

やっぱり初めての海外旅行かな。スイスを旅して、マッターホルンやモンブラン、ユングフラウを見たこと。20年以上前だけど鮮明に覚えているから。

でも、、、日々経験するいろいろなことだって、虫眼鏡でじっくり見れば、「とっても素敵な思い出」になっているんだろうな。

Are you proud of yourself?

子どものいない人生を生きること。

そんな自分に胸を張れますか?

つまり自分の人生を誇れますか?

きっぱりと言えますか? 子どもいません。夫婦ふたり暮らしです。

30代、不妊治療中でした。胸なんて張れなかった。

40代、胸を張ろうとしても、「まだ大丈夫。生めるでしょ」って根拠のない言葉を浴びせられる。

50代、「まだ大丈夫」と言われなくなったけど、「老後」「墓守」「家の管理」と責められることもしばしば。痛いところを突かれても何も言えない。

でもでも・・・胸を張ろうって思ふ。夫婦ふたり暮らしです。幸せですって。

あるべき姿

女に生まれたのだから、子どもを生むべきだ・・・って? だれが決めたんだろう。法律には書いてないよね? 生んでないからって法に触れているわけじゃないよね?

法に触れているわけじゃないけど、生んでないから、生んでるひとと比べれば、「圧倒的に」やってないことが多すぎる。だから埋め合わせてもらわないと引き合わない。「やってないこと」に引き合うまで、いろいろやってもらいますよって?

やらないって? じゃあその分、精神的ストレスを感じてもらいましょう。プレッシャーかけますよ。ストレスもバンバン溜めてもらいましょうって?

そんなのゴメンって? 楽しすぎでしょ? 気楽すぎるでしょ? 一方でトクしてるんだから、もう一方でとことんソンをしてもらわなきゃって?

だってそれが子どものいないひとの「あるべき姿」なんだから・・・て?

子どものいないひとの「あるべき姿」って、だれが決めるの?決めたの? そんな権利が他人にあるの?

「あるべき姿」というのは、ひとからどう思われるかという考えに左右される気がする。だれのための人生なの?

子どものいないひとの「あるべき姿」・・・なんて、「子どものいない」わたしは考えようと思わない。わたしはわたし。自分がどう見えたらなんてあまり考えない。