もうすぐ盂蘭盆ですが

帰省中は小雨が降ることが多く、ちょっと止んでいる頃を見計らい、ささっとお墓参りしてきました。雨上がりのお墓はきれいに洗われておりました。

さてお墓には父の戒名とともに母の戒名も刻まれています。もちろん母はまだ生きておりますから、赤い字の戒名です。

しかしまぁ、戒名と言うのはつけてもらうとなると大変ですね。
http://www.osohshiki.jp/column/article/96/

相場(仏様の世界に不釣合いでは?)を見ると、「なんでどうして?」と思ってしまいます。高い戒名をつけたからと言って、お浄土に行けるパスポートに果たしてなるのでしょうか。疑問イッパイです。

ところで母の戒名ですが、つけてもらう際に大叔母(つまり祖母の妹)が付き添ってくれたのだとか。坊さんも、「お気持ちで・・・」とおっしゃったのかもしれませんが、「それじゃあ、○○円で!」の大叔母発言で決定!(相場よりずっと安い)

「あの時つけておいてホントよかったわ~」と母の弁です。このエピソードは知らんかったわ。

戒名ねぇ・・・どこのお墓に入れてもらえるかわからないしなぁ。戒名よりまず墓でしょ。

広告

行く末

帰省中、親戚のご機嫌伺いに行った。

「せっかく来たんだから、あがってあがって~」 A子おばちゃんにつかまると、半時間以上のおしゃべりになるので。玄関先で失礼する。

M子おばちゃんはあまり話好きではないので、ひよこ饅頭を渡し、数分の会話でお暇する。奥には旦那さんがいるのだが、「やあ、いらっしゃい」と顔を出すことはめったにないので助かっている。

M子おばちゃんは旧家に嫁いでいる。旦那さんは一人っ子。そしてウチと同じくふたり家族だ。

「あそこなぁ、もしM子おばちゃんが残ることになったら、家のこととかどうするつもりなんだろうねぇ。たぶんそういうこと、ゼンゼン考えてないと思うし。M子おばちゃん、そういうことをちゃんとやれるタイプじゃないからねぇ」

親戚づきあいも超ドライにしているから、ヘルプ&サポートしてくれるひとも見当たらない。

「そうなったら、助けてあげてね。お母さんはそこまで長生きできないと思うから」

いえいえ、ひょっとしたらおじいちゃんのように100まで元気かもしれないよ~

しかしM子おばちゃん家のコトは他人事ではない。80近いご夫婦でもあまり考えていないコトなのだから、平均年齢60くらいの我が家だって・・・

だいたいオトコはこういうコトをあまり考えない。(自分が先にいくと思っているから)

回送

昔も今もバスの本数が少ない実家辺りである。

自宅にある時刻表もアテにならないこともある。(たまに変更されている場合がある)

わざわざバス会社に電話しチェック。最寄のバス停から○○駅行きに乗った。13時台のバス乗客はわたしを入れてふたりだけ。途中からひとり、ふたりと乗ってくるが、しばらくするとひとり、またひとりと降りてしまう。本数が一向に増えない理由もわかる。

「終点、○○駅です」

駅前のバスターミナルにはバスが何台か停まっていた。バスはスピードを出して、ターミナル内を走った。「どこに停まるのかな」と思っていたら・・・ターミナル一周したバスはナント、「回送表示」を出した!

「スミマセン! 降りるんですけど!」

「あっ!まだひとり乗ってはったんですか!」「スミマセン!」

「えっと・・・」

「あっ! 料金はいいです!」

タダ乗りしてしまった~ それにしても、、、今度から終点でもちゃんと停車ボタン押そう!

字幕で見るTVドラマ

若い頃から片耳が聞こえなかった母。いつも左側に腰をかけて話しかけていた。「もう片方が聞こえなくなったらどうなるんだろう」ふっと気になることもあったが、そんなの先の先のコトだよなぁと気楽に考えていた。

75才を過ぎた頃、その時がやって来た。初めは補聴器を嫌がり、なかなかつけなかった母。今は慣れたとはいえ、すぐ外してしまうので、筆談したり身振り手振りでなんとか伝えようと努力する。

帰省中も筆談をけっこうしたが、わたし悪筆なので・・・「読めません、達筆すぎる」

聴く楽しみがなくなったが、新聞を隅から隅まで読んでいて、気になる記事はスクラップしている。こちらが知らないことも知っていたりする。恐れ入る。

TVもあまり見ていないが、ニュースと天気予報、「ひよっこ」「相棒」「やすらぎの郷」、動きのある相撲番組がお気に入りである。

最近はこのドラマをよく見ているらしい。

ドラマは字幕が出るものが多いから、聞こえなくても楽しめるのだ。帰省中は親に合わせて、わたしも字幕でTVドラマを見る。俳優の演技力表現力が如実に現れるのを実感する。

「でもねぇ、字幕でドラマ見るのって疲れるわ」

洋画ファンだった母だが、字幕を追うのは体力を使うらしい。BS契約をしていないが、名画名作をわりと放送するので、目で楽しめたらいいのにと思うのだが。

鶯の声

田舎の一軒家を甘く見てはいけない。

滞在中、日が照ったのは水曜の午後のみ。ノースリーブにショートパンツは涼しすぎた。親のカーディガンとスカーフを借りる。

庭は紫陽花の花盛りだ。この季節に帰省したことはこれまでなかったので、我が実家にこれだけたくさんの紫陽花が咲くとは知らなかった。(どれだけ帰っていないかというコトだ)

小雨降る中、家の周りを歩いてみる。

「ホーホケキョ♪」

えっ? ひょっとしてコレは・・・

「ホーホケキョ♪」

春告鳥ではないの?

「ホーホケキョ♪」

別名、経読鳥とも言われる鳥らしい。

「ホーホケキョ♪」

よい声で啼いている。

「ホーホケキョ♪」

姿は見せず、美声を響かせる鳥。

「ホーホケキョ♪」

涼しいせいだろうか。季節は夏に向かっているというのに。

「ホーホケキョ♪」

気候がおかしいので、鳥も変な季節に啼いている。

「ホーホケキョ♪」

もう少し聴いていたい気もするが、風邪ひきそうなのでやめる。

「ホーホケキョ♪」

窓を閉め切っているのに、家の中もかなり涼しい。変な気候だ。

1日1食続行中

これまでは親に打ち明けていなかったんですが・・・

「大丈夫なの?」やっぱり心配されました。

アベ近で調達したお総菜で24日25日の夕食はじゅうぶんです。ネットスーパーでオーダーした食材もぷらすしました。

26日はFB友のレストランで夕食です。

同窓生なのですが、親しくお話するのは初めて。でも同じ校舎で過ごした経験があるというのはすごいですね~ 在学中は交流がなくても、ごくごく自然に会話が弾みます。

明日は大阪を発つという28日の夜。やはり同窓生と夕食です。

実家あたりは夜になるとイノシシが出没することもあるとか。心配しましたが、遭遇することもなく、無事帰還しました~

「1食なんて~」と親に心配されてしまいましたが、その食事をながめると・・・

これは昼食で、一番ボリュームがあるんですよ。朝は半分のトーストにややたっぷりめのサラダのみ。夕食はと言うと、これから眠るのだから大したモノは食べていません。

量的に見ると、、、1日1.5食くらいかな?

帰省

24日から実家帰省してきました。あちらはネット環境にないため、ブログ更新もしばらくお休み。

行きは隣席のひとナシ。ラッキーでした。小田原、熱海過ぎて静岡に入る頃、デジカメを取り出します。曇り空だし、あまり期待していなかったんですけど・・・

うっすらと姿を見せてくれました。

新大阪~大阪間で時差ボケを瞬時に直し、アベ近で24日の夕食を調達します。幸い雨も降っておらず、夕方頃に実家到着。

関西は暑そうだと思って、夏服を持っていったのに。田舎の一軒家はやや涼しめ。

紫陽花が美しく咲いています。

母の日プレゼントに贈った絵がリビングに飾られています。

美術鑑賞が趣味のヘルパーさん、この絵にとても惹かれたそうですよ。